飼育 3 遥かなる想い  出版化 - 1ページ目33 - SM小説 異端者

Welcome to my blog

SM小説 異端者

飼育3 遙かなる想い

電子書籍として出版が決まりました。 出版社側の意向として、掲載は3話までとさせて頂きます。 最新作品はこちらから→ TOP  永遠に続くかと思えるほどに長き戦いだった。 「久しぶりだな、茂。孝之もずいぶんと成長した。お前に面影がとてもよく似ているよ」  市原は静かに墓前に微笑みかけた。 「お前の発言は私の発言。私の発言はお前の責任。いつも五分らしく圧し掛かってきた。悪戯っ子だっ...

飼育3 遙かなる想い2

 どこまでも卑しい男に成り下がってしまったものだ。  航には同じ思いをさせたくはない。  だが選択肢はいつだって自由だ。  二人の口論は落ち着きそうもない。  このまま静かに片桐の元を去るのが菜々美にとっては幸せだ。  片桐を熱くさせたらなにが起こるかわからない。かと言って口論に押されて軽がると手を上げる男ではない。だから怖いのだ。  菜々美が求めているのは素顔の片桐だ。  それを知...

飼育3 遙かなる想い3

 足早に歩くシュウを足止めするようにユイはシュウの目前に立った。 「やっぱりシュウだ」  懐かしい匂いがする。  ユイは背伸びを軽くすると、シュウに抱きついた。  思わず足を止めたシュウは軽く目を閉じる。ユイを突き放した。 「自分から去っておきながら馴れ馴れしいんじゃないのか」 「待って、シュウ」  車の鍵を取り出したシュウに、ユイはなおも食い下がる。 「時々来てくれることが嬉しか...